デザインパターン一覧

NO IMAGE

Chain of Responsibilityパターン

■目的 ある要求が発生したときに、その要求を処理するオブジェクトをダイレクトに決められない場合に、たらい回しを実現するためのパターン。 ■...

NO IMAGE

Visitorパターン

■目的 処理をデータ構造から分離するために適用する。 Visitorがデータに訪問して処理を行う。 ■メリット データ構造クラスを変更...

NO IMAGE

Decoratorパターン

■目的 機能を組み合わせて新たな機能を作成する場合や、機能を実行時に付け外したい場合に役に立つパターン。 代表的な実装例として、java.i...

NO IMAGE

Compositeパターン

■目的 ディレクトリとサブディレクトリ、ファイルの関係のように、容器と中身を同一視し、再帰的な構造を作るパターン。 ツリー構造の実現に最適。...

NO IMAGE

Strategyパターン

■目的 アルゴリズムを容易に切り替えるためのパターン ■メリット ・アルゴリズムを容易に切り替えることができるようになる ・動的にアルゴリ...

NO IMAGE

Bridgeパターン

■目的 「機能のクラス階層」と「実装のクラス階層」を分離するために使う。 ■メリット ・階層を分離しておくことで、拡張する際にクラスの見通...

NO IMAGE

AbstractFactoryパターン

■目的 Builderパターンと同様に、複雑なインスタンスの生成に役立つパターン。 Builderパターンが初期化処理をメソッドで分割してい...

NO IMAGE

Builderパターン

複雑なインスタンス生成処理を簡略化するためのパターン。 複雑な初期化を経てインスタンスを生成する場合や、コンストラクタが数多くのパラメータ...

NO IMAGE

Prototypeパターン

newでインスタンスを生成するのではなく、cloneで登録済みのインスタンスから新しいインスタンスを複製するパターン。 FactoryMe...

NO IMAGE

Singletonパターン

インスタンスがひとつであることを保証するパターン。 システム環境変数とかに使う。 デザインパターンに詳しくない人でも、これだけは知っている...